NEWS

ねりま映像人インタビュー 第6回 沖田修一監督 前編を公開しました!

2021.10.29

映像制作の第一線で活躍する練馬ゆかりの映像人の方々にお話を伺い、練馬と映像文化のかかわりを紹介していく連続インタビュー企画「ねりま映像人インタビュー」。 第6回のゲストは映画監督の沖田修一さんです。 沖田監督は、練馬区江古田にある日本大学芸術学部映画学科で映画を学び、2009年『南極料理人』で商業映画監督デビュー。『キツツキと雨』(2012)、『横道世之介』(2013)、『モリのいる場所』(2018)など数々の話題作を発表。今年2021年夏には、最新作『子供はわかってあげない』が公開されました。 今回は、日大芸術学部時代のお話を中心にお伺いします。 ぜひご覧ください。 ねりま映像人インタビュー 第6回 沖田修一監督 前編
ページトップ